T1718JA_PMS-C.png

2018年07月06日

南砺ロータリーのホームページがリニューアル

南砺ロータリークラブのホームページがリニューアルしました。
新URL:https://www.nanto-rc.jp/
です。今後共よろしくお願いします。
posted by 管理人 at 18:24| お知らせ

2017年08月18日

小矢部川水環境保全事業(啓蒙活動、河川清掃)

7月30日(日)南砺市福光・小矢部川河川敷にて、「親子ふれあいフェステイバル」に協賛し、河川清掃を呼び掛け、鮎のつかみどりなど地元の商工会青年部と共催して環境保全の大切さを知ってもらいました。

ふれあいフェス1.jpgふれあいフェス-鮎つかみ3.jpg

posted by 管理人 at 09:30| お知らせ

2015年02月04日

リジーさん市長表敬訪問

@.jpgA.jpgB.jpgC.jpg




posted by 管理人 at 16:57| お知らせ

2015年01月19日

エリザベスさん来日

1月17日(土)富山空港にて。
無事に富山入りされました。002.JPG003.JPG


posted by 管理人 at 11:08| お知らせ

2015年01月15日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 178号 ★  2015年1月13日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
・寄付金速報 ― 2015年もよろしくお願いします ―
・第2代よねやま親善大使を大募集!
・台湾米山学友会総会が開催されました
・タイ米山学友会の奉仕活動 ― 児童養護施設を訪問 ―
・今年の年賀状は現役奨学生がデザイン

【おしらせ】
・ご寄付の確定申告用領収書について
〜1月末日までにクラブへお届けします〜


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2代よねやま親善大使を大募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「よねやま親善大使」は、日本全国のロータリー地区・クラブから
の要請に応じて、地区大会・セミナー・例会などに参加し、元米山
奨学生を代表してロータリアンへ米山記念奨学事業の意義と感謝を
伝えたり、自身の活躍を紹介する活動をしています。

このたび、“第2代”よねやま親善大使として、事業のPRをお手伝い
してくださる方を大募集します! 対象となるのは日本国内在住の
米山学友で、任期は2015年7月からの2年間。応募締切は2月15日
(当会必着)です。詳しくは、当会ホームページ
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/ をご覧ください。

お世話いただいた学友にふさわしい方がいれば、ぜひご推薦を
お願いいたします!(学友ご本人からの応募が必要です)


そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight178_pdf.pdf


以上
posted by 管理人 at 11:34| お知らせ

2014年08月13日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 173号 ★  2014年8月12日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
・寄付金速報 ― 2014-15年度も好調スタート ―
・来春採用の奨学生募集始まる
・【訃報】名誉理事長 島津久厚氏 逝去
・台湾学友会による日本人対象奨学金 第6期生が決定
・マレーシア・ベトナムで学友の集い


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 来春採用の奨学生募集始まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年4月採用の新規奨学生募集が始まりました。

各地区の米山奨学委員会からの報告により決定した指定校は全国
で533校(前年度531校)、指定校からの被推薦者数は1,644人
(前年度1,543人)で、この中から新規奨学生約500人が選ばれます。

地区奨励奨学金(大学・大学院以外の教育機関在籍者が対象)を
導入した地区は、過去最多の13地区となり、地区奨励奨学金の
指定校に選ばれた20校のうち8校が初指定となりました。

また、指定校への要望として、地区独自の推薦基準を提示したのは
34地区中31地区でした。最も多かった要望は、被推薦者の国籍が
偏らないよう配慮して欲しいというもので、そのほかに、日本語運用
能力や応募者の学年、コミュニケーション能力の高さ、などが
挙げられました。

募集要項・申込書は例年より早く、8月5日に全指定校へメールで
案内しました。

※2015学年度採用の指定校や募集要項などの書類は
当会ホームページにて公開しています。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight173_pdf.pdf


以上

posted by 管理人 at 11:16| お知らせ

2014年05月15日

例会変更のご案内

例会変更のご案内

日 時 : 6月3日(火) ゴルフ例会後ゴルフ大会ゴルフ
場 所 : ゴールドウィンゴルフ倶楽部
例 会 : 12:00 〜
卓 話 : 12:30 〜
コンペ開始時間 : 13:00 〜

ゴルフ参加者会費 : 5,000円(後日口座振替いたします)



posted by 管理人 at 15:51| お知らせ

2014年05月13日

早朝例会 おみなえし・りんどう 稙苗

早朝よりお疲れ様でした。
秋にはきれいな花が咲くの
楽しみですね〜♪

IMG_0075.JPG972929_615502651879409_1567746504_n.jpg

10264666_615504995212508_1142869958_n.jpg

10373524_593502570746000_3352623636591379500_n.jpg

IMG_0072.JPG

IMG_0080.JPG

posted by 管理人 at 15:48| お知らせ

2014年05月12日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 170号 ★   2014年5月12日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
1.寄付金速報 ― 残り2カ月もよろしくお願いします ―
2.博士号取得状況 ― 奨学期間が終わっても申請可 ―
3.春の叙勲 ― 台湾の学友が旭日中綬章 ―
4.埼玉・川越駅前に米山学友の彫刻作品が設置されました
5.中学校で「国際交流」の講演 ― エソダ・バスネットさん ―
6.今年も大活躍!台湾学友会が美化活動に協力


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.春の叙勲 ― 台湾の学友が旭日中綬章 ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成26年春の外国人叙勲で、台湾で“エビ養殖の父”として知られる
米山学友、廖一久さん(1965-68/田原RC)が、旭日中綬章を受章
されました。

廖さんは日本留学中、東京大学で水産学を研究し、帰国後は台湾の
水産試験所の研究員として、世界に先駆けてブラックタイガーエビの
養殖を成功させるなど、台湾のみならず世界の養殖業に多大な影響
を与えました。

2012年には世界水産養殖同盟(Global Aquaculture Alliance)による
GOAL(Global Outlook for Aquaculture Leadership)2012大会で
終身功績賞を受賞、また、2009年には台湾で最も権威のある科学賞、
第5回総統科学賞を受賞しています。


 【廖一久さんからの喜びのコメント】
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
4月29日、岸田文雄外務大臣より「旭日中綬章」を授与いたす旨の
祝電を頂きました。身にあまる、望外な名誉で恐縮しております。

私が長年研究して参りました魚介類、とりわけエビ類の養殖技術
開発研究とその学術交流が、日台間の関係に貢献したことが評価
されて今回の受章となりました。

これは皆様から頂いたご支援とご鞭撻、特に、私の留学生時代に
頂きました米山奨学金に負うところが大変大きいと思います。
心より厚く感謝致します。今回の叙勲の名誉を汚すことのないように、
心を引き締めて精進する所存です。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight170_pdf.pdf
posted by 管理人 at 16:43| お知らせ

2014年04月17日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 169号 ★  2014年4月11日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
1.寄付金速報 ― 2013-14年度もあと3カ月 ―
2.各地区で新奨学生のオリエンテーションがスタート
3.タイ米山学友会の総会・活動報告
4.さいたま大空ロータリークラブ加盟認証状伝達式
5.学友から広がる支援の輪 ― 第2790地区 ―


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.各地区で新奨学生のオリエンテーションがスタート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014学年度の奨学生は724人となりました。

国・地域別では中国が40.6%、次いで韓国が15.8%、ベトナム9.8%、
台湾5.5%の順となっています。中国・韓国籍の割合が2年連続で減少
しており、両国の来日留学生数そのものが減少していることもあります
が、地区選考委員会が国・地域の偏りに配慮して選考していることが
伺えます。

プログラム別では、今年度初めて学部課程が261人と最も多くなり、
次いで修士課程が257人、博士課程が178人、そのほか、地区奨励
奨学生(12人)やクラブ支援奨学生(10人)などとなっています。

4月〜5月中旬にかけて、各地区でオリエンテーションが開催されます。
米山奨学生としての義務やこの事業の意義を理解してもらい、確約書
に署名をした後、正式に米山奨学生となります。
また、オリエンテーションでは学友会メンバーも受付や学友会の説明に
活躍しています。どうぞ温かくお迎えくださいますようお願いいたします。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight169_pdf.pdf


以上
posted by 管理人 at 11:56| お知らせ

2014年03月13日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 168号 ★  2014年3月12日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
1.寄付金速報 ― 下半期の寄付状況 ―
2.モンゴルに海外6番目の米山学友会が誕生!
3.新地区補助金によるベトナム奉仕活動に米山学友が協力
4.17年ぶりの再会に感激 ―スレス・ダス・シュレスタさん―


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.モンゴルに海外6番目の米山学友会が誕生!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海外6番目となる米山学友会がモンゴルで設立されました。

3月1日にウランバートル市内で開催された創立記念祝賀会には、
学友24人、日本からロータリアン9人のほか、元駐日モンゴル大使
や在モンゴル日本国大使館一等書記官、フレーRC会長など
来賓を含む40人以上が参加。創立会員34人の中から、初代会長に
ジャンチブ・ガルバドラッハさん(1998-99/山形北RC/現在
フレーRC会員)、副会長にバルジンニャム・バトゾリグさん
(2007-08/津久井中央RC)、ほか5人の役員が選任されました。

ジャンチブ会長は「長年の夢をようやく実現することができた。
日本のロータリアンが育ててくれた学友たちの力を結集し、皆で
頑張って活動していきたい」と、抱負を語りました。また同日、
モンゴル国各省庁から表彰状および感謝状が当会理事長をはじめ、
関係ロータリアンに贈られました。当日は地元メディアの取材があり、
ニュースなどで報道されました。



その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight168_pdf.pdf
posted by 管理人 at 11:41| お知らせ

2014年02月14日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 167号 ★  2014年2月13日発行

::今月のトピックス::
------------------
1.寄付金速報 ― 下期も順調なスタート ―
2.2014学年度の新ロータリー米山奨学生が決定
3.PETS・地区協議会では米山のPRを!
4.日台ロータリー親善会議で学友が活躍
5.米山奨学生・学友の歌をお披露目 ― 第2780地区 ―


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.2014学年度の新ロータリー米山奨学生が決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014学年度の新規米山奨学生の面接選考が各地区の選考委員会に
よって行われ、合格者が決定しました。

1,403人の応募に対し、奨学金プログラム別の合格者数は、
博士・修士・学部課程奨学金が532人、地区奨励奨学金が12人、
クラブ支援奨学金が10人、海外応募者対象奨学金(海外からの
個人応募)が11人です。このほか、海外学友会推薦奨学生を
現在選考中です。

国籍・地域別では、中国42.3%、韓国14.3%、ベトナム9.6%、
台湾5.8%の順となっています。また、今回は、アルメニア、
ツバル、スロバキア、パレスチナ自治政府から初の合格者が
ありました。

今後は、継続者および他奨学機関合格者による辞退などによって
人数の変動が見込まれますが、今回の合格者と昨年度からの継続
奨学生を合わせた716人が2014学年度奨学生となる予定です。



その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight167_pdf.pdf


以上
posted by 管理人 at 09:44| お知らせ

2014年01月15日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 166号 ★  2014年1月14日発行

::今月のトピックス::
------------------
1.寄付金速報 ― 2014年もよろしくお願いします ―
2.恩恵の倍返しだ! ― 台湾米山学友会総会開催 ―
3.米山奨学生2人が入賞 ― コラム&フォトエッセイコンテスト ―
4.今年の年賀状は米山学友が作りました

<お知らせ>
・確定申告用領収証 〜1月末日までにクラブへお届けします〜
・モンゴル米山学友会創立記念祝賀会のご案内


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.恩恵の倍返しだ! ― 台湾米山学友会総会開催 ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾米山学友会(正式名称:社団法人中華民国扶輪米山会)の
年次総会が12月14日、台北市内で開催され、米山学友67人と、
来賓や日本からの参加者を合わせて120人以上が出席しました。

今回の総会のテーマは、日本で流行したドラマの決め台詞をもじった
「恩恵の倍返し」。このドラマは台湾でも大ヒットし、昨年、第6代理事長
に就任した林維宏さんも、久しぶりに夢中になって見たそうです。

総会の挨拶に立った林理事長は、同学友会が日本への恩返しとして、
台湾に留学する日本人支援の奨学金を2009年から継続していること
に触れ、これまでに支援を寄せたすべての関係者にあらためて感謝
を表わすとともに、「“恩恵の倍返し”をモットーに、これからも事業の
さらなる発展に努力していきたい」と、決意を述べました。
日本人奨学生2人は登壇して林理事長から奨学金を受け取り、
前年度奨学生とともに、台湾学友会への厚い感謝を述べました。

当日は、新たに入会した6人の学友も紹介され、来賓として出席した
当会の板橋敏雄理事長と、第2660地区米山学友会の何玉翠会長
から、学友会の会員バッジが授けられました。

台湾では2015-16年度、2人目の米山学友出身のガバナーが誕生
します。第3520地区のガバナーノミニーに選出された学友の林華明
さん(1984-86/東京世田谷RC)も今回の総会に出席し、台湾学友
や日本の来賓たちとの親交を深めました。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight166_pdf.pdf


:::★ お知らせ ★:::

・確定申告用領収証 〜1月末日までにクラブへお届けします〜

昨年1年間(1〜12月)に特別寄付をしたすべての方、もしくは
普通寄付金の領収証を申請したクラブには、1月末日までに
(確定申告に間に合うように)、認定証の写しが付いた申告用
領収証をロータリークラブ宛に送付します。


・モンゴル米山学友会創立記念祝賀会のご案内

海外6番目となる米山学友会が、モンゴルに誕生します!
2014年3月1日(土)15時、ウランバートルで開催されます。
参加希望の方は2月10日までにジャンチブ・ガルバドラッハさんまで
(email:mongakuyu@gmail.com、FAX:+976-11-461122)。
航空券手配、ホテル予約、滞在スケジュールなども相談できます。
また当会HPにも詳細情報を掲載します。


以上


※メールアドレスの変更、配信解除などのご希望がございましたら、
お手数ですが、highlight@rotary-yoneyama.or.jp宛にお知らせください。
よろしくお願い申し上げます。

posted by 管理人 at 16:53| お知らせ

2014年01月08日

新年懇親会 写真集

IMG_3461.jpg

民謡同好会♪練習の成果はいかに?IMG_3465.jpg

芸子さんIMG_3477.jpg

IMG_3482.jpg
posted by 管理人 at 14:51| お知らせ

2013年12月27日

★★クリスマス家族会 写真集★★

★ ★ 写真同好会より ★ ★

IMG_4693.JPG

サンタさんですよ。良い子にプレゼントを配りに来ましたよっ。IMG_4707.JPG

IMG_4710.JPG

IMG_4769.JPG

シングルテーブル・・・盛り上がってますね〜♪IMG_4778.JPG

なんと君ときときと君の登場〜。記念撮影ターイム!IMG_4724.JPG

IMG_4759.JPG

モンタローさんの登場です〜 IMG_4786.JPG

最後に手に手つないで★IMG_4815.JPG
posted by 管理人 at 16:14| お知らせ

2013年12月12日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 165号 ★  2013年12月12日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
1.寄付金速報 ― 直近5年間では最高額達成! ―
2.ガバナーエレクト・次期地区米山委員長の合同セミナーを開催
3.韓国学友会総会報告 ― 第5代学友会会長を選任 ―
4.47年後の恩返し ― 台湾の学友・鐘維源さん ―


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.47年後の恩返し ― 台湾の学友・鐘維源さん ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾から、米山学友の鐘 維源さん(1966-67/堺RC)が11月27日、
事務局を訪問してくださいました。

鐘さんはなんと今から47年前の奨学生で、82歳だそうです。当時は
航空券を買うお金もなく、12人乗りのバナナボートで来日。東京農工
大学で学んだ後、大阪大学大学院へ進学し米山奨学生となりました。

「社長さんなど偉い方ばかりで、私は上手な日本語も話せず、例会では
小さくなっていた」と、当時を振り返る鐘さん。現在は奥様とともに台湾で
高分子化学の会社を営んでいます。

また、鐘さんは亡くなったお兄さんを記念して奨学金制度を作り、
高校生約10人を毎年支援するなど、社会貢献をモットーとしています。
2011年の東日本大震災の時には、会社の1ヶ月分の売り上げを義援金
として送ってくださったそうです。そして今回、「日本のみなさんに恩返し
をしたい」と、米山奨学会へ10万円ものご寄付をしてくださいました。


▼鐘さんからのメッセージ
------------------------------
学業に限らず、日本の文化、社会、日本人の卓越なる道徳、社会に
貢献する精神、礼儀作法等多くのことを留学の成果として、台湾に
持ち帰りました。以来、逆境の中でなんとか頑張っています。
私はロータリアンではありませんが、社会に対する貢献、奉仕の精神は
今でも堅持しています。ありがとうございます。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight165_pdf.pdf


以上
posted by 管理人 at 16:21| お知らせ

2013年11月14日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 164号 ★ 2013年11月12日発行

::今月のトピックス::
------------------
1.寄付金速報 ― 米山月間へのご支援に感謝! ―
2.2014学年度奨学金申し込み状況
3.ネパールに米山学友会が誕生!
4.奨学生・学友が高齢者と交流 ― 第2770地区 ―
5.姫軍さんがホームカミングで講演 ― 第2580地区 ―


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ネパールに米山学友会が誕生!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネパールの首都・カトマンズ市内で、10月19日、ネパール米山学友会
の創立総会が開催されました。海外米山学友会としては、台湾、韓国、
中国、タイに続いて5番目です。

当日は、ネパールの米山学友15人、日本のロータリアンや関西米山
学友会役員ら11 人のほか、浜田清彦在ネパール日本国大使館一等
書記官ら来賓を含む約40人が出席。初代会長には、スレス・ダス・
シュレスタさん(1994-96/大阪天王寺RC、現在カトマンズRC会員)、
副会長には、ビジャヤ・パントさん(1995-97/広島東南RC)、
そのほか5人の役員が選任されました。

スレス会長は「米山記念奨学金のおかげで、ネパールには農業を
はじめ各分野のリーダーとして活躍する学友が大勢います。今後は
全員と連絡を取り合い、一丸となって日本とネパールの懸け橋となる
よう頑張りたい」と、抱負を語りました。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight164_pdf.pdf

posted by 管理人 at 16:50| お知らせ

2013年10月11日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 163号 ★  2013年10月11日発行

::今月のトピックス:: 
------------------
1.寄付金速報 ― 米山月間へのご協力をお願いします ―
2.アジア学院から米山記念奨学会が表彰されました
3.米山月間にこんな例会はいかがですか?
4.留学生感想文コンテストで米山奨学生が最優秀賞受賞
5.高校で国際交流奉仕活動を実施 ― 東京米山友愛RC ―

■ お知らせ  
■■━━━━━━━━━━━
・普通寄付金分の確定申告用領収証の申請期限は、10月31日です。
・よねやま親善大使の活動紹介DVDが完成しました


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.高校で国際交流奉仕活動を実施 ― 東京米山友愛RC ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米山学友を中心に設立されたクラブ、東京米山友愛RCと東京米山
ロータリーEクラブ2750が合同プロジェクトとして、9月28日、
東京都立小平高等学校で国際交流の授業を実施しました。

発起人の東京米山友愛RC会員、朴貞子(パク テイコ)さん(中国/
2006-08/岸和田RC)は、第2640地区での奨学生時代に、
地区米山奨学委員会が企画した高校生との交流事業に参加。
「とても感動し、一生の思い出になったその活動を、ロータリアンと
なった今、クラブのメンバーや関東地区の米山奨学生と一緒にぜひ
再現したい」と提案し、仲間と共に受け入れ先の高校を探して、
3年がかりで実現にこぎつけました。

当日は、同校の2年生281人と、両RC会員や現役米山奨学生ら
37人が講師として参加。台湾への修学旅行を控えた生徒たちに
中国語の授業を行ったほか、さまざまな国籍の会員・奨学生が母国
について紹介するグループ授業を行いました。

どのクラスも和気あいあいと笑顔の交流が図られ、生徒からは
「講師がフレンドリーで、とても楽しかった」「話が尽きなかった」
「一生懸命私たちに教えてくれているのがすごく伝わった」などの感想
が寄せられました。また、副校長からは「開校から50年経つが、今日
はまさに画期的な日。ぜひ継続をお願いしたい」との講評がありました。

朴さんは「皆のチームワークのおかげで大成功を収めることができ、
感謝しています。ロータリアンが支援した米山奨学生が、“日本の未来”
である高校生のために貢献することは、ロータリーだからこそできる奉仕。
今回参加した奨学生たちが同じように次の奨学生を引っ張って、
米山の精神を継続していくことを期待しています」と、語りました。


:::★ お知らせ ★:::

☆普通寄付金分の確定申告用領収証の申請期限は、
10月31日(木)です。
当会ホームページの 
寄付金について →「普通寄付金:申告用領収証の申請はこちら」
から申請してください。
 *特別寄付金の申告用領収証は、申請不要です

☆初代よねやま親善大使に選ばれた二人の学友を紹介する
最新DVD(12分)が完成しました!
ホームページで視聴できるほか、希望者にはDVDをお送りします。
お問合わせは事務局広報担当まで。


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight163_pdf.pdf

以上
posted by 管理人 at 16:58| お知らせ

2013年09月24日

わらび学園、RAC いもほり

9月22日(日) わらび学園のみなさん、RACの会員で芋掘りをしました。


IMG_0207.JPG


IMG_0207.JPG


IMG_0210.JPG

たっくさん掘れましたよ〜〜!
posted by 管理人 at 16:37| お知らせ

2013年09月12日

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 162号 ★ 2013年9月12日発行

::今月のトピックス::
------------------
1.寄付金速報 ― 10月の米山月間に向けて ―
2.理事会・評議員会 開催報告
3.ガバナーエレクト研修セミナーで米山をPR
4.台湾学友会による日本人対象奨学金 第5期生が決定
5.クラブ米山委員長セミナーを初開催! ― 第2690地区 ―

■ 米山月間資料のお知らせ
■■━━━━━━━━━━━
最新の米山月間用資料を全ロータリークラブへお届けします!
(9月20日発送予定)


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ガバナーエレクト研修セミナーで米山をPR
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次年度ガバナーを対象とするガバナーエレクト研修セミナー(GETS)が
9月3-4日、都内で開催され、3日の本会議において板橋敏雄理事長
と岩邉俊久事務局長が米山記念奨学事業の現況説明を行いました。

また、同日の「配偶者プログラム」では、米山学友を代表してよねやま
親善大使の楊小平さん(中国/2011-12/東広島21RC)が20分間
のスピーチを行いました。

楊さんは時折ユーモアを交えながら、現在も続けている広島平和記念
資料館のピースボランティアガイドや、自身で企画した中国への平和
スタディツアーなどの活動を紹介。米山奨学金のおかげで学位を取得
できただけでなく、このような活動につながる「奉仕の精神」をロータリアン
から学ぶことができたと、ロータリーへの深い感謝を述べました。

「教育の大切さを日本の社会から教わりました。将来は大学の教員と
なって、そこから新しい先生を育てたい」と、スピーチを結んだ楊さんに、
会場から温かい拍手が贈られ、セッション終了後は、楊さんを囲む
談笑の輪ができました。


:::★ 米山月間資料のお知らせ ★:::

最新の米山月間用資料を全ロータリークラブへお届けします(9月20日発送予定)。
クラブ会長およびクラブ米山奨学委員長は必ずお目通しください。
ガバナー、評議員、理事、専門委員、地区米山奨学委員長・委員
の皆さまにもお送りします。

1.豆辞典(必ず会員のみなさまへ配布してください)
2.クラブ米山記念奨学委員長の手引き
3.寄付金マニュアル
4.事業報告書
5.事業報告書 統計・資料編 ほか


その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight162_pdf.pdf

posted by 管理人 at 17:01| お知らせ